導入事例

スチコン導入で事業拡大。新規顧客獲得・売上UPを実現した弁当・惣菜工場の事例

業種 弁当・総菜工場
エリア 茨城県
規模 約250名

コンビニ・スーパー向けにサラダ、総菜、お弁当の製造・販売を行っています。

高齢化社会や核家族の増加、働く女性が増えたことから、調理済み食品の需要が伸びており、生産量を増やしていきたいと考えていました。
また洋食、中華など様々な海外料理が惣菜として一般的になっていることから、
多様化・複雑化する消費者の食のニーズに応えるため、商品のバリエーションを増やしていきたいと考えていました。

当初は焼き物や炒めもの、生野菜サラダなどを中心に製造を行っていましたが、近年は健康志向の惣菜が増加してきたことから、蒸し料理の展開を検討していました。
蒸し料理は油を使わずに調理ができるため低カロリーで、茹で物のように水に栄養素が溶けだすこともなく、健康に気をつかう方に好まれていました。

 

工場には焼成機やグリドル、野菜スライサーなどの食品機械があったのですが、蒸し料理用の食品機械はありませんでした。
そのため、大量の食材を蒸すことができる調理機器を選定することしました。
各メーカーや代理店に問合せを行って情報収集をしている中、
20段トロリータイプで大容量のスチコン(スチームコンベクションオーブン)を紹介いただきました。

 

このスチコンは加熱調理に応じた蒸気量の制御により、素早く食材に熱を伝え、短時間で大量の蒸し料理の調理が可能とのことでした。
調理工程をあらかじめプログラム設定しておくことで、ボタンを押すだけで調理が可能であるため、新しく導入しても使いやすいと感じました。
また、分かりやすいイラスト付きのタッチパネルで操作するため、外国人人材や経験が浅いパート従業員が多い当工場でも、誰でも簡単に調理することができるとわかりました。

さらに、自動制御のファンで室内の温度を一定に保ってくれるため、焼きムラがなく、均一な仕上がりが出来ることも魅力的でした。
品質を一定に保って食品を生産することが食品工場としては求められるため、スチコンにも焼きムラがなく品質が安定していることが重要でした。

このスチコンはトロリータイプであり、カートでそのままブラストチラーまで移動することができるため、
調理工程だけでなく、工程の前後を考慮したロスの少ない効率的な生産が可能であることがわかりました。

一方で、食品工場として生産が重要ですが、洗浄などの衛生面での仕様も気にしていました。
このスチコンは自動洗浄でしっかり汚れを落とすことができるので、手作業での洗浄がほとんど必要ありませんでした。
スチコン自体の形状がシンプルで洗浄しやすく、さらに本体にハンドシャワーがついているため、手作業での洗浄も楽で、食品工場としては使いやすいと感じました。

食品工場での使いやすさを考慮した設計であり、新しく導入する機械ですが使いやすいと感じたため、
導入する前に展示ルームへ行き、実機を使ったデモを実際に視察しました。
実際のスチコンに触れて確認しましたが非常に使いやすく、性能の高さを感じたため、2台を導入することにしました。

 

スチコンを導入したことで、今までできなかった蒸し料理の注文を受けれられる様になりました。

処理能力が高く、例えば枝豆だと1台で1回に120㎏を蒸すことが可能となりました。

あまり使用したことがない従業員が操作しても使いやすく、安定した品質で生産できるようになりました。
掃除に時間がかかることもなく、衛生的に使用し続けることができています。

食品工場として対応できる惣菜やお弁当の幅が広がり、2台のスチコンのおかげで、新規顧客開拓、売上をアップさせることができました。

定量効果 ・売上アップ
定性効果 ・新規事業立上げ
・新規顧客開拓

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!