導入事例

急速冷凍・冷却機の導入で冷凍ゆで麺の冷却・冷凍時間を3.5時間削減した製麺工場の事例

業種 製麺工場
エリア 長崎県
規模 約20名

当社はスーパーや飲食店、食品商社向けに、ちゃんぽん、うどん、ラーメン、パスタやそばなどの冷凍茹で麺、生麺、乾麺の製造・販売を行っています。

当時市場では、冷凍ゆで面の需要が急速に高まっておりました。冷凍ゆで麺の需要増の背景としては、高齢化や単身世帯の増加、女性の働き手の増加により、家庭での調理時間が取れない世帯が増えたこと、また、労働人口の減少により、人手不足の飲食店での調理時間を短縮するのため、加工済み食品の買入が増えたため、解凍するだけですぐに食べることができて、新鮮なまま長距離輸送ができ、長期保存が可能な冷凍食品が求められる様になりました。当社は生麺、乾麺だけの製造をしていたのですが、市場のニーズに応えるため、当社も冷凍生麺事業を展開することになりました。

冷凍ゆで麺の製造を始めた当初は、500食分のゆでた麺を常温において粗熱を取り、その後プレハブ冷凍庫で冷凍していました。この冷却・冷凍工程に6時間程度かかっており、リードタイムが長くなっていました。その後も、冷凍麺の需要は年々伸びていき、多くのご注文をいただきましたが、工場の生産能力はひっ迫している状況でした。そこでリードタイムのボトルネックになっている冷却・冷凍時間を短縮して生産効率を上げることができないかと検討することにしました。

茹でた麺をすぐに冷やせる何か良い機器はないかと探していたところ、急速冷凍・冷却機(イリノックスMF350.2)を知りました。こちらの製品は、麺を高温のまま入れることができ、投入後、わずか約2.5時間程度で-18℃まで冷凍できるとのことで、これならば冷凍ゆで麺の製造時間を大幅に短縮できると考え、導入することにしました。

導入後、うどんの冷却・冷凍時間を従来の約2/5に短縮することができました(6時間→2.5時間)。粗熱取りから冷凍まで1台でできるため、搬送や入れ替えの手間も省けました。また、急速に冷凍することにより、通常冷凍時に比べ、食品の組織を傷つけない働きがあり、解凍したときにも味や食感、色合いが失われることもなく、商品の品質も向上させることができました。冷凍することで長期輸送が可能となるので、全国のスーパーや飲食店の店舗に商品を納入することが出来ています。

おかげ様でその後も、冷凍ゆで麺の注文数は増えていき、今ではインターネット販売も開始し、1日約2,500食の冷凍麺を安定して製造・共有することができています。

定量効果 ・冷却・冷凍時間2/5に短縮(6時間→2.5時間)
・生産性向上
定性効果 ・品質向上

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!

0120-080-478

[営業時間] 9:00〜17:00(土日祝日除く)