導入事例

自動撹拌機導入で原価削減、製造時間の短縮化に成功した食品工場の事例

業種 食品、ソース類工場
エリア 東京都
規模 30名程度

当社はレストランで提供される料理やパスタ類ソース、スープの製造を行っています。ホワイトソースやミネストローネ、オニオングラタンには玉ねぎを使用するのですが、飴色の玉ねぎを使うことによって深い甘味とコクを出すことが出来ます。当初、加工済みの飴色玉ねぎを業者から購入していたのですが、付加価値が高く1kg約1,500円と高額でした(普通の玉ねぎの1kg約100円 )。1日20kg程度の飴色玉ねぎを使っており、この飴色玉ねぎを内製化することによって、製品原価を低減できないかと考え、テストを行うことになりました。実際に飴色玉ねぎを作ってみると、生の玉ねぎから飴色になるなで弱火でじっくりと炒める必要があり、約4時間程もの時間がかかってしまいました。また、人がつきっきりで炒め続ける必要があり、単純作業で重労働となります。一定の速度を保って、むらなくかき混ぜないと玉ねぎが焦げ付いてしまうため、作業にはある程度のコツも必要でした。工場の従業員には女性や高齢者が多く、4時間もの間、玉ねぎを炒め続ける作業は肉体的負担が大きすぎ、教育コストもかかるため、実現が難しい状況でした。

何とか、時間や手間をかけずに、飴色玉ねぎを作る方法はないかとWEB検索や知り合いの業者に聞いて探していたところ、自動加熱・冷却・撹拌機能付きの釜(CC200E)を知りました。無料でテストキッチンを使った体験デモができるとのことで、さっそく問合せをして、後日デモを行うことになりました。自動加熱・冷却・撹拌機能付きの釜は、スタート時間、調理時間、1℃単位での加熱温度が設定ができ、加熱しながら、自動で撹拌を行えるので、これにより人が釜につきっきりで炒める必要がなくなりました。また、撹拌しながら冷却を行うことで、短時間で粗熱をとることができ、人の手では4時間程度かかっていた飴色玉ねぎの調理も、2時間半でおこなうことができました。これなら、当社でも飴色玉ねぎを作ることが出来ると感じ、導入することにしました。

自動加熱・冷却・撹拌機能付きの釜のおかげて、無事に飴色玉ねぎを社内で製造することができました。調理時間・温度などはあらかじめプログラミングしておくので、経験の浅いパートやアルバイトの方でも簡単に使うことができ、誰が行っても焦がすことなく同じ仕上がりの飴色玉ねぎを作ることができます。

飴色玉ねぎを内製することで、製造原価を約1/5(買入価格1kg約1500円→内製価格1kg約300円)にすることができ、大幅なコストダウンを実現できました。

定量効果 ・玉ねぎ製造原価1/5に削減
・製造時間4時間→2.5時間に短縮
定性効果 ・重労働の解消
・品質の安定化

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!