導入事例

自動撹拌機導入で製造工程を40%削減し、時間短縮と自動化を実現したソース製造工場の事例

業種 ソース工場
エリア 茨城県
規模 50名程度

工場では、飲食店で使うミートソースや、デジャメルソース、トマトソースを製造しています。

ソースは50ℓの釜で大量に仕込みを行うため、加熱に時間がかかり、1回の投入で約2時間がかかり、1日3回程度投入していました。ソースに使われている材料は焦げ付きやすいため、加熱している2時間の間、焦げ付かない様に常に混ぜ続ける必要があり、この2時間×3回/日のかき混ぜ作業は作業者とってとても重労働となっていました。女性パート、高齢パートが多いのが特徴で、「体への負担が不安」という理由で退職する方もおり、定着率が悪く、何とか重労働作業を改善しなくてはいけないと考えていました。また、かき混ぜ作業にはコツも必要で、人によっては、火加減が強かったり、かき混ぜ方が足らずに焦げつかせることもあり、作業者の熟練度によって歩留まりや出来栄えにバラつきがありました。外国人従業員や新人のパートさんも働いているため、作業の簡略化も行いたいと考えていました。そこで、加熱・かき混ぜ作業の自動化を検討していたところ、自動撹拌機つきの釜(メトスCC100E)を知りました。購入前に無料デモも行えるので、現場と同じ材料で調理したところ、出来栄えが良かったので、購入することにしました。

自動撹拌機つきの釜は、温度、加熱時間、撹拌スピードを設定しておくと、ボタンを押すだけで加熱とかき混ぜ作業を行ってくれます。
このおかげて、かき混ぜ作業による重労働をなくすことができました。以前は人が釜に着きっきりでかき混ぜ作業をしていたのですが、自動化により空いた人手を、別の工程に使うことができ、生産性も向上させることができました。以前使っていた釜は食材の投入、取出し時に釜を傾斜させるために、釜についているハンドルを回して傾斜させる必要があり、こちらの作業も重労働となっていましたが、導入した釜はボタンを押すだけで自動で釜が傾斜する機能がついているため、食材の投入、取出し作業の負担も大幅に軽減できました。また、人の手でかき混ぜていたときは、慣れていない作業者が行うとソースが焦げ付いてしまう等、熟練度によって出来栄えがばらついてしまっていましたが、自動でかき混ぜることができるようになったので、作業者の熟練度に関わらず同じ品質を保つことができるようになり、歩留まりを向上させることができました。

自動撹拌機つきの釜の導入で、重労働やスキルの必要な作業をなくすことができ、より従業員が働きやすい環境になり、パートさんの定着率も向上しました。また作業環境の改善だけでなく、自動化により生産性の向上、品質の安定化も実現できました。

定量効果 ・6時間/日の攪拌作業の自動化
定性効果 ・社員の定着率工場
・生産性向上
・歩留まり改善

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!