導入事例

製造の作業自動化で冷却時間を半分に、重労働解消に貢献したデザート工場の事例

業種 デザート工場
エリア 長野県
規模 約100名

当工場は大手のコンビニチェーン、デパート向けにお弁当やデザートを製造しています。主要生産品の1つに水ようかんがあります。水ようかんの工程は次の通りです。
①釜に水と粉寒天を入れ、弱火にかけ混ぜながら寒天を溶かす。
②寒天が溶けたら砂糖・塩・あんこを加えて、なめらかになるまで混ぜながら溶かす。
③なめらかになったら火を止め、粗熱を取り冷ます。
④粗熱が取れたら型に入れ冷却して固める。

水ようかんの材料の粉寒天は焦げやすく、先の工程の様に、加熱中は常に混ぜ続けなければいけません。1回の製造ロットで約70分程度、手作業でかき混ぜるのですが、とても重労働となっていました。作業者には女性や高齢者も多く「重労働の身体への不安が強い」といった声が多かったため、特に人手不足の時代の中、貴重な人材に少しでも安全に長く働いていただくためにも、水ようかんのかき混ぜ作業の重労働を改善したいと考えていました。何か良い改善策はないものかと、出入りの業者さんに相談したところ、自動撹拌・加熱・冷却機能付きの釜(メトスCC100E)をご紹介いただきました。

この釜は、加熱温度や加熱時間、混ぜるスピードなど、あらかじめ設定しておくと、自動で調理、撹拌してくれるというものでした。さらに、冷却機能つきで、撹拌しながら同時に冷却もできるので、水ようかんの工程にぴったりで、重労働をなくすことができると考え、導入することにしました。

70分の時間のかき混ぜ作業の自動化により、作業員の負荷を大幅に減らすことができました。新しい釜は、ボタン操作により、釜を安全に傾斜させることができるので、混ぜ終わった材料を安全に簡単に取り出すことができます。大きな釜を手で傾け、中身を掻き出すことも力がいる作業でしたので、この自動傾斜機能にも大変助かっています。加熱・かき混ぜ作業の自動化により、従来、手作業でかき混ぜていた時間が無くなったので、その間、他の作業を行うことができ、工場全体の生産性UPに繋がりました。冷却機能にも大変助かっています。従来、加熱した水ようかんの粗熱を取るのに常温放置で180分程度かかっていたものが、冷却機能付きの釜では約半分の90分で粗熱を取ることができ、水ようかんの製造時間短縮にもつながりました。

自動撹拌・加熱・冷却機能付きの釜の導入により、重労働が減ったことにより従業員には喜んでいただいただけでなく、生産性も向上することができました。

定量効果 ・冷却時間1/2に短縮(180分→90分)
定性効果 ・衛生面向上
・安全性向上
・商品品質向上
・作業性易化

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!