導入事例

自動粉砕・撹拌機の導入で処理時間を約85%削減に成功した、たれ・ソース工場の事例

業種 たれ・ソース工場
エリア 大阪府
規模 約100名

当社は業務用調味料メーカー、食品メーカーのOEM向けや、焼肉屋や居酒屋などの飲食店向けに、たれやソースの製造を行っています。

たれ・ソースの製造工程では、ニンニクやトマト、玉ねぎなどの食材を粉砕したものと、豆板醤や醤油、砂糖、みりんといった調味料を混ぜ合わせる作業が数多くあります。材料の粉砕・撹拌作業は1回で15分~30分程度かかり、人手で行うとなると重労働となってしまいます。当初は電動ブレンダーを使って半自動で粉砕・撹拌を行っていたのですが、作業中、人が現場につきっきりでないといけなく、力仕事で作業にもコツがいるため、ひとによって作業時間や出来栄えにバラつきがありました。製造現場は人手不足で、また、女性や高齢者、経験の浅いパートさんや外国人労働者も多いため、短時間で誰でも簡単に粉砕・撹拌作業ができる様、改善が求められていました。

効率的な粉砕・撹拌作業が出来る機器をインターネットで検索していたところ、自動粉砕・撹拌機(ロボクープR-45)を知りました。この自動粉砕・撹拌機は一回で23kgもの野菜の処理をプログラミングにより自動で行ってくれるとのこと。無料でデモ機の貸出を行っていたため、申し込みを行い、テストをしてみることにしました。

数日後、ショールームにて早速テストしてみたところ、処理能力、使いやすさに驚きました。大容量にもかかわらず、パワーが強く、約2分程度で食材の粉砕、調味料との攪拌を行うことができました。処理時間・撹拌速度もコントローラーで設定でき、操作もシンプルで簡単でした。設定した時間がくると止まるため、従業員がつきっきりで作業を行わなくても、粉砕・撹拌が足らなかったり、ムラがあったり、細かく粉砕しすぎることもありません。これならコツや勘も必要なく、作業者による仕上がりのバラつきをすことができると考えました。カッター刃一式や容器は簡単に取り外すことが出来るので、機器の洗浄も安全に行うことができました。容器には透明の蓋がついていて、操作中に蓋を開けると自動で止まる仕組みになっており、安全性の高さを感じました。効果の高さを感じ、すぐに購入するこにしました。

自動粉砕・撹拌機を導入した結果、粉砕・撹拌のスピードを大幅に向上させることができました(15分~/回→2分/回)。また、作業者による品質のバラつきを無くとこができ、歩留まりを向上させせることができました。

定量効果 ・粉砕・撹拌時間短縮(15分~/回→2分/回)
・歩留まり改善
定性効果 ・重労働の解消
・品質向上

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!