導入事例

マルチ野菜スライサー導入で生産量が4倍に増加した野菜卸売業の事例

業種 病院食・介護食工場
エリア 東京都

当社は病院、老人ホーム、介護施設、一部小売店向けに青果物の販売を行っています。

当初、野菜や果物は、加工していない食材のまま出荷していたのですが、同業他社との価格競争が激化していました。野菜は病院や施設でお客様がカットを行っていたのですが、病院や施設のキッチンで野菜のカットを行うことは、お客様の手間と時間がかかります。少子高齢化が進み労働人口が少なくなってきたことで病院・施設では慢性的な人手不足となっており、また患者様・入居者様が増え現場は多忙となっていました。そこで、当社はお客様の手間を減らせるカット野菜を、食材のまま卸していた時と同値で販売することで、付加価値を付けたいと考えました。

当初、人の手で野菜をカットすることを考えたのですが、膨大な手間と時間がかるため現実的ではありませんでした。そこで、手間がかからず野菜を切る方法をインターネットで探していた時に、大容量の野菜を短時間で処理できるマルチ野菜スライサー(ロボクープCL-60E)を知りました。ショールームで無料でデモ・テストが出来るとのことで、すぐに申し込みをしました。ショールームで実際に野菜を切ってみると、処理能力高さを実感しました。マルチ野菜スライサーは最大1時間で850kgもの野菜が調理できるとのこと、強力パワーで均一できれいなカットができるので、これならば野菜カットの事業をスムーズに立ち上げることができると感じ、導入することにしました。

工場でカットしている野菜は人参(4 種類のカット)・大根(3 種類のカット)・キャベツ・紫キャベツなどで、様々なカットが要求されます。マルチ野菜スライサーは9種類の刃が標準でついており、刃を切り替えることで、多彩なカットを行うことが出来ます。替え刃も工具なしで簡単に取り換えることができます。また、受け皿の容器は移動式のカートなので、工場内での商品の搬送が楽にできます。カートは3つの容器を置け、回転式で入れ替えることができます。そのため、1つの処理が終わった後、容器を回転させるだけですぐ次の処理を行うことができます。非常に使い勝手が良く、効率的な生産ができています。

カッターミキサーのおかげで、工場でカットした新鮮な野菜を、すぐにお客様に提供することができ、お客様から大変好評をいただいています。価値の高いサービス提供によりお客様に当社のファンになって頂き、良好な関係を構築できています。

定量効果 ・生産量4倍に増加
・売上アップ
定性効果 ・商品の付加価値向上
・新規事業立上げ
・顧客との関係構築

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!