導入事例

床置き型野菜スライサー導入で作業時間短縮、品質向上を実現させた食品工場の事例

社名 株式会社 彩道
業種 病院食・介護食工場
エリア 群馬県
規模 約30名

当社は、病院や介護施設向けに食事の製造、配食サービスを行っています。お客様での調理の手間を省くため、当社工場内で加熱・調理済みの食品を冷却・冷凍して出荷を行っています。お客様では再加熱・盛り付けを行うだけで、患者様に料理を提供できます。少子高齢化社会が進み、2000年時点では2200万人だった高齢者人口は、2017年時点では3,514万人に達し、高齢者向けの配食サービスの需要も伸び、現在では1日約4,000食の食事を製造しています。今後も高齢人口は増加するため、生産増が見込まれます。

以前は野菜はカット野菜を買い入れていたのですが、仕入先での加工から消費者様への提供まで時間がたっているため、新鮮さや色味、栄養が失われ、患者様や入居者様から「野菜が美味しくない」とのお言葉をいただくこともありました。消費者様のニーズにこたえるため、工場での野菜加工を行いたいと考えていました。しかし、4,000食分の野菜のカットを、手作業で行うと膨大な時間がかかり、人手もかけられない状態でした。そこで、電動で大量の野菜の加工が行える野菜スライサーの導入を検討しました。

野菜スライサーを色々と探しましたが、「刃が大きい」、「刃の交換に専用の取り外し工具が必要」、「カットの時、刃がむき出し状態で危険」なものが多く、安全面に不安があるものばかりでした。特に工場では障碍者雇用を検討しており、誰でも安全に簡単に野菜のカットができることが必要でした。そんな中、安全性に特化した、床置き型野菜スライサー(ロボクープCL-60E)を知りました。こちらの野菜スライサーは容器に蓋がついており、操作もシンプルで、安全に簡単に野菜のカット作業ができます。カッター刃は容易に分解可能なので、洗浄時に手を切ることもなく、効率的に隅々まで洗うことができ、衛生的です。これならば、障碍者や高齢、女性の従業員が働く現場でも、楽に野菜カットができると考えて、導入することにしました。

大容量(容器60ℓ)のため、一度に大量の野菜の処理ができ、4,000食と膨大な食数の野菜カットを1名の従業員で行うことができました。カット野菜を購入していた時は、野菜の形に制限がありメニューに合わせたカットが実現できませんでしたが、野菜スライサーは刃を変えることで、様々なカットが可能で、メニューに合わせたカットを自分たちで行えるようになりました。そのため、様々なカット方法をスタッフ同士で楽しみながら研究をしており、現場のモチベーションアップにもつながっています。付加価値の高いカット野菜の購入から、自社での野菜のカットに変えたことで、原価を抑えることができ、また生野菜を工場でカットするので野菜は新鮮で、患者様、入居者様に提供されるまで、色や味、栄養を保ってくれます。

消費者様からも野菜の味に好評をいただき、野菜スライサーは大変重宝しています。

定量効果 ・原価低減
定性効果 ・品質向上

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!