導入事例

洗浄時間の短縮でニンニク加工工場の作業効率を改善した事例

業種 製麺工場
エリア 宮城県
規模 約90名

当社は小売店、飲食店、ホテル・旅館、学校・病院給食向けに自家製麺を製造しているほか、大手デパートのプライベートブランドの冷麺、チャンジャなどの食品、調理に使う調味料を製造しています。

メイン商品の冷麺のスープやチャンジャにはニンニクを材料として使っているため、毎日大量のニンニクをすりおろしています。ニンニクのすりおろしを人の手でやると大変時間がかかり、重労働になるため、カッターミキサーを使ってニンニクの加工を行っていました。長年使っていたカッターミキサーは処理能力は高かったのですが、「容器・蓋が外れないため、洗浄に時間がかかり衛生的でない」、「刃を取り外すのに工具が必要で、分解洗浄に手間がかかっており、ケガにも注意する必要があった」、「カットにバラつきがあり、ニンニクにざらつきが残る」、「加工中、容器の中の様子が見れないので、間違い・異常に早く気づくことができない」などといった問題がありました。導入してから時間がたち故障が増えてきたことを機に、更新を検討することになりました。新しいカッターミキサーを探していた中、大容量仕込みができるカッターミキサー(ロボクープR-23)を知りました。

このカッターミキサーは一度に12kgのニンニクのカットやペースト加工ができ、容器は本体から簡単にとり外しが可能のため、洗浄の時に大変便利です。カッター刃一式は簡単に分解できるため、安全・簡単に取り扱うことができます。容器は0度~90度まで任意の角度に倒すことができるので、食材の投入や取出しが楽に行えます。蓋の上部は透明で、処理中の材料の様子を目視で確認できるため、安心です。また、パワフルなモーターにより均一にカットし、低粘度~高粘度の加工までこれ1台で行うことができます。これなら既存カッターミキサーの課題を改善できると考えて更新を行うことにしました。

導入後、取り扱いが劇的に改善され、洗浄時間の短縮・安全性、衛生面を向上さることができ、また、食材の投入・取出しを楽に行えるようになり作業環境も改善させることができました。自動で均一で強力なカットが行えるので、以前あったような「ニンニクにざらつきが残る」といったこともなくなり品質を向上させることができました。処理能力も早いので、以前のミキサーより小型になりましたが、以前と生産量が変わらず、スペースの節約もできました。これ1台の導入で複合的な現場改善をすることができ、大変うれしく思ています。

定量効果 ・洗浄時間短縮
・洗浄工数削減
・省スペース化
定性効果 ・作業効率の改善
・品質向上

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!