導入事例

菓子・デザート工場のマロンペースト工程で大型ミキサー導入により、処理時間を1/3に短縮した事例

業種 菓子・デザート工場
エリア 埼玉県
規模 約360名(パート含む)

工場では、大手コンビニの店舗向けに、一日約12万食の洋菓子やデザートを製造しています。中でも人気商品の1つにモンブランがあります。モンブランはおかげ様で発売以来、徐々に売上を伸ばしていきました。しかし、生産量が増えると同時に、生産にかかる時間も増えていき、従業員の残業が常態的となっている状況でした。働き方改革を背景に、従業員の労働時間削減が求めまれる時流の中、何とか生産効率を上げることで、生産量を落とさずに生産継続できないものかと工程の改善点を探していました。

モンブランの主材料のマロンペーストは、煮詰めた栗を粉砕、ペースト化して作るのですが、当時は栗の粉砕に8ℓのミキサーを使っていました。モンブランの発売当社は生産量が少なく、小型のミキサーでも事足りていたのですが、生産量がだんだんと増えていったため、一度に大量の処理が出来ない小型のミキサーでは、何回にも分けて作業しなければならず、時間と手間がかかっていました。繁忙期にはマロンペーストを作るのに1日5時間程度もかかっていました。そこで、ミキサーを大型化することで1回の処理量を上げ、加工時間短縮、投入・取出しの工数を減らせないかと考え、良い製品はないかと探すこととなりました。その結果、大量の仕込みが1回でできる大型のミキサー(ロボクープR-23)にたどり着きました。

大型ミキサーの導入により、1回の処理量が約3倍(4ℓ→12ℓ)になり、マロンペースト製造の時間短縮、従業員の残業時間削減を行うことができました。さらに、刃の枚数が2枚刃→3枚刃になったことで、より均一に栗を粉砕することができるようになり、商品の品質も向上させることができました。また、以前使っていたミキサーは、容器や刃がミキサー本体から外れない作りであったため、洗浄時など、取り扱いを慎重に行わなければいけませんでしたが、導入した大型のミキサーは、簡単に容器や刃が本体から取り外せ、隅々まで洗浄ができるため、安全性、衛生面も向上させることができました。さらに、タイマー機能がついているので、処理時間を設定すれば、誰でもボタン一つで同じ品質の処理ができるので、ベテランの従業員でも、新人のパートさんでも、誰でもバラつきなく仕上げることができます。大型のミキサーの導入により、処理時間の短縮、残業時間の削減だけでなく、商品の品質、安全性や作業性まで改善することができ、大変満足しています。

定量効果 ・処理時間1/3に短縮
定性効果 ・衛生面向上
・安全性向上
・商品品質向上
・作業性易化

食品の攪拌機・ミキサーに
関するお悩みを解決!

0120-080-478

[営業時間] 9:00〜17:00(土日祝日除く)